■参加イベントのお知らせ■

現在のところありません


2005年09月05日

悲しみの時計少女

 先日、「悲しみの時計少女」(谷山浩子著)という小説を読んだ。この小説はその昔、NHK−FM「青春アドベンチャー」というラジオドラマでやっていたもので、当時高校生だった自分は寝静まった部屋の中で布団をかぶって聴いていた記憶がある(当時は部屋は弟と共用だった)。なぜこの小説を今頃になって探したかというと、先月千葉で決起集会をしたときにそんな話になって思い出したという次第。内容については割愛するけど、そんな昔の記憶を思い出しながら一気に読んだのだった。小説が出て14年経っているが、ものすごく新鮮に思えた。ラジオドラマになってからも12年だもんなあ。

 12年前といえばちょうどミニコミ全盛期の頃で、友人と2人でミニコミを作っていた頃である。政治からバラエティー、詩などの創作と、何でもありのミニコミだった。その後は自分でだけで創作活動もしていたが、やらなくなってそろそろ4年になる。もう1回やってみたいようなやりたくないような、そんな中途半端な気持ちになったりしている。
posted by kow at 13:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
悲しみの時計少女を知っている方がいらっしゃいました!青春アドベンチャーすら、周りの人は知らないもので…。
 トラックバックさせていただきますね。
Posted by すこーぴお at 2005年09月11日 19:48
コメント&TBありがとうございます。
自分も最近は青春アドベンチャーなんて聴かなくなりましたけど、当時は結構面白いのやってましたよね。「わたしは真悟」も聴いてましたよ。
Posted by kow at 2005年09月11日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175174357

この記事へのトラックバック

(青春アドベンチャー)悲しみの時計少女
Excerpt: この作品は「青春アドベンチャー」の前身の「サウンド夢工房」で放送されたものです。1992年の2月3日〜14日に最初に放送されました。かなり、前ですねー。私もこの「サウンド夢工房」時代の作品は「悲しみの..
Weblog: Time Blue
Tracked: 2005-09-11 19:49